出会いの基本

まず、出会い系サイトとは何でしょう?
出会いは大人の人間にとってとっても重要です
そのような出会いを求めるのに、出会い系サイトを利用する方法もあります

では、
出会い系サイト(であいけいサイト)とは、インターネット、特にウェブサイトを通じて不特定の男女がナンパや出会いを目的としたやり取りをするウェブサイトの総称である。

出会い系は当初、パソコンからアクセスするタイプの無料の物がほとんどであった。簡単なチャットと私書箱(メールボックス)、掲示板のみがユーザに用意され、チャットなどで気に入った相手と仲を深める、といった流れで、主催者はサイト内に掲載のバナー広告料などで収入を得ていた。

しかし、1999年から、iモードなど携帯電話によるインターネットアクセスサービスが開始されて、携帯電話よりwebサイトが閲覧できるようになると、その手軽さも手伝い、それまでの何倍ものユーザが出会い系サイトに流入するようになった。当初は真剣に出会いを求める男性も女性も非常に多くアクセスをしていた。 【Wikipediaより引用】

 

出会い系サイト規制法

出会い系サイトでの被害防止のために重要な事!
それは、出会い系でのトラブル防止です。
そののため法律を知っておきましょう
出会いは良いことばかりではありません。今現在でもトラブルがあるのも事実です。

出会い系での法律を確実に知って、トラブルに巻き込まれないことが大切です

【出会い系サイト規制法】
出会い系サイトは「面識のない異性との交際を希望する者同士が相互に連絡」できる[2]をという特殊性に鑑み、他のネットコミュニティーにはない規制が課されている。

インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律(出会い系サイト規制法・出会い系サイト被害防止法)として平成15年(2003年)6月13日にて公布され、平成15年9月13日に施行された。18歳未満の児童を性行為目的で誘い出す書き込みをインターネット上で行なうと行為などを禁じ、罰則化した。

さらに、2009年2月1日に施行された同法では営業の公安委員会への届け出義務や、利用者が未成年ではないことを証明するために、免許証やクレジットカードなど個人確認が義務化され、日本国内で運営されている無料の出会い系サイトは事実上消滅した。

ブームは下火ではあるが、ネット上での出会いを求める男女がいる限り、犯罪を含め、消える事は無いと思われる。しかし、結婚情報センターや結婚相談所が運営しているといった法令施行前から年齢・入会資格制限などを設けていた良心的サイトもあり、そちらは比較的危険性は低い。

近年では、ソーシャル・ネットワーキング・サービス (SNS) が出会い系サイトとして専ら利用されるようになっており、アメリカでは危険性から性犯罪者をSNSから追放する動きまで出ている。
【Wikipediaより引用】

 

出会い系の利用料

出会い系を利用するには課金システムを知ることが重要です!
出会いの利用には有料・無料があります。
よく考えて利用しましょう
出会い系サイトの利用には、無料・有料といろいろありますが、サイトの中をよく見て利用しましょう。

【課金システム】
一般的な有料サイトは、メールを送信するなどのアクションごとに課金される従量課金制をとっており、まれに初期に入会料と、月々の利用料を支払えば利用が自由な定額制も存在する。

無料と称するサイトは、収入は広告料で賄い、ユーザーは完全無料で楽しめるとしているが、その多くが有料サイトの窓口になっているので注意が必要である。

出会いサイトの利用料の支払方法には、クレジットカード、口座振替、電子マネー、コンビニ払い(Cチェック、コンビニダイレクト)などがある。

有料サイトの場合は、特定商取引に関する法律(特定商取引法)の指定役務に該当し、同法でいう通信販売となるため、連絡先窓口となる事業者の名称(さらに法人の場合には代表者か責任者の氏名)、住所及び電話番号等の記載が義務付けられている。
【Wikipediaより引用】

 

出会い系の違法・悪質サイトに注意

出会い系サイトにはまだまだ違法・悪質サイトがあります十分にきを付けてください
出会い系サイトには、依然として違法・悪質サイトがあります。

出会い系サイトの悪質な方法としては、勧誘方法や料金の違法請求(架空請求)などがあります。

又、その他として、サクラや迷惑メールを多数送ってくるサイトがありますので十分注意が必要です。

【さくらとは】
もともとは江戸時代に桜の花見は無料で見られることから、芝居小屋でタダ見をさせてもらった後、芝居の見せ場で役者に掛声を掛けたりして盛り上げることや、それを行う人のことをサクラといったという。

これが明治時代に入って、露天商や的屋などの売り子とつるんで客の中に入り込み、ひやかしたり率先して商品を買ったり、わざと高値で買ったりするような仕込み客のことを隠語でサクラと呼ぶようになった。

これから転じて、行商、露天に限らずビジネスや科学的な実験、マーケットリサーチなどでも、良い結果をもたらすために事前に相手方に送り込んだ回し者や、好ましい回答、報告をしてもらうために敢えて事前に手配したモニター、被験者もこのように呼ばれることがある。

例えば国鉄改革では赤字ローカル線の整理がなされたが、廃止を免れるよう利用実績を吊り上げるべく地域ぐるみで用もないのに乗車する運動が展開され、このことを「サクラ乗車」という。語源については、その他にも異説がある。
【Wikipediaより引用】

 

出会い系の迷惑メールにご用心

出会い系では迷惑メールを送るサイトがあります。十分に注意が必要です。
出会い系サイトの悪質なサイトでは、迷惑メールが多く送られてきます。

例として、タイトルに「Re:」や「緊急案件」など数多くあります。

そんなメールには決して返信などしないで、即削除してください

又、最近では、「あなたのパソコンはウィルス感染しています。

このサイトにアクセスしてウィルスを駆除してください」と不安を煽るようなものも登場し、より巧妙化してきています。かなり、巧妙になってますので十分に注意が必要です。

その他として、「当選しました」などのメールが来たことありませんか?
「サイトを確認してください」など、こんなメールは信用ゼロです。

こんな時代に何もしていないのに「当選」←こんなことはありません。
完全に無視して下さい。

 

出会い系からの架空請求に注意

出会いでの架空請求
架空請求にはいろいろな手口がありますが、基本は相手にしない事です。

文面を見るとスゴイですが、全然問題ありません。

サイトを見ただけで、個人を特定することは出来ません。そんなことが可能なのは、その権限のある公的機関だけです。

出会い系サイト運営者などでは無理です。もし、「法的手段」などと書かれていても、その「法的手続き(正式なもの)」がくるまで放置しても問題ありません。

 

悪質な請求

悪質な請求は無視する
実際には利用していないサイトから利用料金を請求され、無視していると今度は手数料を上乗せした金額を請求される架空請求詐欺などが指摘されている。

この場合、手数料のほかにも「通信費・人件費・調査費・サーバー管理費」など、根拠不明の追加料金が上乗せされることも多い。

料金の名目は運営者によって様々だが、共通しているのはいずれも万単位の法外な請求額である。

また、これらと同様に期限までに支払いがない場合は債権回収業者に債権譲渡する、裁判所に提訴する、詐欺罪で刑事告訴または刑事追訴する、自宅や勤務先に内容証明郵便の送付、身辺調査をする、住民票を取得する、給与や財産の差し押さえ、銀行取引停止、個人信用情報機関のブラックリストに登録するなどと偽って記載し、請求するケースが多い。

【Wikipediaより引用】

 

おすすめ商品&お店